☆感謝の逸品☆

H28年度 酒類研修会(これで3年間はOK!)

横浜の石川町に行って、酒類小売販売の研修を受けてきました!

久し振りの街に戸惑いながら、道も間違いようやく会場にたどりつき、3時間の充実した研修内容に、圧倒されながらも、しっかり勉強させていただきました。

来年からこの研修は義務となり、3年に一度は必ず、研修を受けなければ、お酒の販売ができなくなるので、とても大事な研修会です。

沖縄県内の講習会は、泡盛を全面に押し出した、研修内容でしたが、今回の横浜は、ビール、清酒、ワイン、など多岐にわたる幅広い内容でした。

 国税庁や業界からの、法律を踏まえて様々な事例」を取り上げての研修、会場が熱気に包まれました。

無事、講習会を済ませてからの泡盛は、また格別に美味しくいただけました。

酒の肴は、中華街、天龍菜飯の「酢豚」、最高でした!(^^♪

中華街,awamori,泡盛,宮古島,古酒,  

~当店が選ばれる理由~

”酒蔵の環境と同じ状態のお酒”を最短で..。

・当店では”泡盛職人の愛情”が、ふんだんに注がれ、自然豊かな宮古島の好環境の下、長年適正に管理され、熟成してきた琉球”泡盛”を、ご提供しています。
 配送直前まで、蔵元や直接取引の当店にて、大切に管理されている商品です。

 

同じ安い商品は、他たく山ありますが
*島外に出るまで、
*最寄り港に着くまで、
*スーパー等に届くまで、
*店頭に出るまでに、
 どれ程の”厳しい環境”に晒されてきたか、(選べない物流事情ですが...)


 元泡盛職人として、内地で泡盛を手にした時、出会えた喜びと、中身がどんな状態になっているのか?不安になってきたりもします。
 残念ですが、「販売するお店で、ようやく適正に管理」では、もう遅いのです..。
 
 当店の品は、ダイレクトにお客様のお手元へ、”蔵の環境と同じ状態のお酒”を、最短でお届け致します。(一番遠くの蔵でも車で20分ほど) 
 きっと宮古島、蔵元からの”ぬくもり”も、一緒に届く事でしょう..。 価値ある逸品を是非お手元へ...。そして、共に島の風も感じて下さい.。

商品カテゴリ

特産品を探す(伝統文化)


楽天ID決済

Yahoo!ウォレット アクセプタンス
マーク

       
 
 

泡盛ヒストリー

新規会員登録

モバイルサイト

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

祝日 4月29日「昭和の日」

離島からの発送の為、物流が天候により左右する事があます。ご理解のほど、宜しくお願い致します。

「最短」でお届けいたします。「お届け時間」のご要望はご指示下さい。

ショッピングをお楽しみください!

☆感謝の逸品☆

こんにちは!店長の田村です。

琉球の「泡盛」の知名度は、近年、OKINAWAの観光ブームと共に、人気が高まってきています。
ここ、離島“宮古島”でも、現在6つの「酒造所」が、日々お酒造りに邁進している事を、皆さんはご存じでしょうか.....。

泡盛といえば、「瓶の中でも熟成し、古酒になっていく」、「寝かせれば、価値が上がっていく」と、今は当然の様に言われ続けています。
間違いではありません、しかしそれは、安定した好条件の環境下にあり、管理が行き届いたものに限ります。
ですから、蔵元城下町での「島で生まれたお酒は、島で飲んだ方が美味しい!」と、よく聞くこの言葉は当然の事、と思います。

当店では、泡盛職人の愛情が、ふんだんに注がれた、「空と大地の恵み」である、宮古島の銘酒 「泡盛」を、最短でお届けできる為、鮮度というよりも、他とは比べ物にならない”熟成度”があり、蔵元自慢の、価値ある逸品となっています.....。

島で生まれた泡盛を、「島から”直接”お届けする」当店の品は、酒造所との信頼をバックに、酒造メーカーの”感謝の品”でもあります。

皆様の、素晴らしい人生のひと時の彩りに、宮古島産の商品はいかがでしょうか。
そしてまた、人生を、より豊かにする為の一助の「出会い」となって頂けたら、と思います.....。
店長日記はこちら >>

ページトップへ